2016年7月28日木曜日

革を染めるぞ(挑戦その2)

前回のつづき

染めQで革を染めてみよう!


この鍵盤柄の革の部品(以降鍵盤と呼びます)は、

「くつ」の部品として使うと言うご相談でして

実を言うと当初その方法さえも決まっておりませんでした。

その上でご了承いただき、最初に作ったのは

革をプリント(ラバー熱圧着)する方法を施したものでした。

完成を見た時、これだ!と思いましたし、擦っても、手で引っぱっても、

びくともしないものであったので、「満を持して」納品致しました。

が、

くつに使用した際にかかる力の想定と、縦横斜めからくるしわの想定が甘く、

先方や、ご本人様には大変にご迷惑をかけてしまう結果となってしましました。。。

布地であればOKでしたが革との相性が悪かったようです

そこで、染める!と決意したわけですが、

そこには考えれば考えるほど難しい問題が山積しておりました。。


1.鍵盤柄である事のむづかしさ。

カービングの加工をする際も同じだったり致しますが、
「機械的な線」「シンプルな形」は人間の手では限界がある(個人の技量にもよります)
それでも、上の画像のように鍵盤の型紙を作っては見ましたが、
とてもとても満足とはほど遠いものでした。

2.少量のみの製作のむづかしさ。

大量のご注文であれば専門の業者に依頼することが出来たと思います。
ヒョウ柄、ゼブラ柄、も牛革のプリントですから、問題なく加工出来たとは思います。
ただ、必要なのは2枚なのです。牛何頭分も鍵盤はいらないのです。。
やはり、どうにかして2枚を原始的に仕上げる選択肢しかなかったのです。

3.靴に使うと言う事のむづかしさ。

当初の想定の甘さもあって、力のかかる方向や色そのもの耐久性。
そして何よりも、より革と相性の良い塗料である事。
試しに油性ペンでもやって見ましたが、まるで論外でした\(-o-)/

4.ピアノの色が白黒であるむづかしさ。

どうしてピアノは茶色ではないんだ!と本気で思いました。
白の牛革となると、通常使っているヌメ系の革では、鮮やかな白にはならないので
クロム系の白い革(加工がやや強い革)を使うしかなく、
塗料との相性を更に考慮しました。




上の4っつの問題を考えつつ、あみだした方法は

カッティングシートに
染めQを吹き付ける大作戦!!
でした
手ではマスキング出来ないから、カッティングシールを専門業者さんに依頼して
それを白い革に貼った上で、革との相性が評判の「染めQ」を吹き付ける作戦


さぁ、いよいよ本番ですが、更になかなかうまくいきませんでした。。。
つづく。
 

2016年7月27日水曜日

革を染めるぞ(挑戦その1)

今回より数回にわたって

染めQで革を染めてみよう!

をご紹介いたします。


まずはじめに、

革工房Kでは「革を染める」といった作業は基本的にはあまり行いません。

理由は、後から染めた場合はどうしても芯まで色が入らず、経年変化に不安が残るからです。



では、どのような場合に染める作業をするかと言うと
  • 修理の作業の中で部分的な傷を「見えにくく」するのに必要な場合。
  • 「カラフル」な『カービング』を希望された場合。
  • お客様のご要望が染める(書く)以外の方法が無かった場合。
  • そのほか
さて、今回は3行目の「染める以外の方法が無かった場合」に該当するご注文となりました。

既定の大きさの革にご希望の柄を入れたいと言う「革の部品」を作るご相談でした。

通常であれば、お断りをしなければならない内容だったのかもしれませんが、

かかる費用が未定であったり、納期に充分な余裕をいただけたり、

また、何よりもどの革屋さんでも断られて数年探しているとの強いご要望に押され、

勉強も兼ねてお引き受けいたしました。

完成させた「革の部品」はこちらの画像です。

ピアノ鍵盤の模様(柄)の革を作りました
大変に勉強になったお仕事となりました。

今回のご相談が無ければ、「染めQ」を使う事もなかったと思いますのでいい経験でした。

さて、前置きが大変長くなっておりますが、

この「完成」を迎えるまでには、なかなか困難な猛勉強となりましたので

関連記事が「そのいくつ?」までなるかわからないですが、今回はここまで。

つづく

2016年7月26日火曜日

アフィリエイトってやつに挑戦!

わからない事だらけ。

Amazonのアソシエイト(アフィリエイト)に挑戦してみる!


新しいリンクの紹介

☆ブログで紹介したアイテム達をまとめてみました。

このブログに登場したモノだけではなく、レザークラフトに関わるアイテムや
私が購入した自転車商品を紹介したページです
Amazonインスタントストア機能で製作したました!

そのままお買い物も出来ちゃうチョット便利機能なので
ご興味のある方はのぞいてみてください。結構楽しいです(*^_^*)。





もともと、その手の事が苦手な私でも何とかなった!「Amazonアソシエイト」!
その奮闘記と途中経過を、何かの参考までに綴ってみます。

2016年7月24日日曜日

革工房Kにもポケモン出現!?

こんにちは。

なんだか盛り上がってますね「ポケモンGO」。

自分は、色んな事に常に乗り遅れる傾向にありますので

今回はいち早く挑戦してみました!

革工房Kにもポケモン!?出現致しました(笑)


ギューマオー
かなりレアだと思いますよ!だって肉眼で見えましたから!!



こうして今回も「ポケモンGO」の流れには

うまく乗る事が出来なかった私です。。。

2016年7月21日木曜日

オススメリンク!

オススメリンクが増えましたのでお知らせします。

是非のぞいてみて下さいね☆



『ニッポン・モノ発見』 

日本の伝統を活かし、優れたモノづくりを行っているつくり手のサイトを伝統的工芸品を中心に紹介いたします。

タイトルの通り、日本中のあらゆるジャンルの「モノづくり」が紹介されているブログです。
モノづくりが好きな方、工芸品や文化に興味のある方は必見です!

バッグの色あせの修理

BAGの色あせへの対応(加工)


先の記事の中「修理についてのご案内」でもおつたえしました通り、

『色』に関わる作業は大変に困難な場合が多いです。

より強めに「色」を足してしまうと、その品物の本来の良さが損なわれてしましますし、

そもそも、「革を染める」行為そのもが、

製品になった後(正確には原皮から革)からでは無理があるようにも考えております。

とは言うものの、長年お使いになられた愛着のある「革製品の修理」としましては

『色褪せ(色あせ)』、『汚れ、シミ』についてのご依頼やご相談を沢山いただきますので

作業が可能であった(注1)画像をご紹介いたします。

ビフォー
ご覧の通り、カドの部分に「擦れによる色落ち」が見られます。

こちらは先の『バッグのカビの修理』でご紹介したBAGと同じモノですが

カビの修理の工程と同時進行で、この色褪せの修理も致しました。

2016年7月20日水曜日

バッグのカビの修理 

BAGのカビの修理(お手入れ)の紹介


押入れからバッグを出してみたら、ビックリ!

なんて経験をされた方は少なくないと思います。

革製品の天敵、カビ!の対処方法をご紹介します。

白いモノが『カビ』です。。。ビフォー

一番は何と言ってもカビさせない事。

  • 風通しいの良い暗い所で保管!
  • 使った後の乾拭きなども有効!
 
とにかく、いつも使っていれば自然と換気されている状態ですので問題ないですが
長く使わない時や、冠婚葬祭用のBAGなどは要注意です


カビを根本から無くすのは困難。

  • 見えない部分もカビは浸食しているので完全になくすのは難しい。。。
  • 場合によってはどうしようもない事も少なくはないです。。。。
パンやお餅と同じように、見えない部分まで浸食しているのだホントにカビは厄介ですね


革工房Kでの修繕方法は以下の通りです


2016年7月14日木曜日

ランドセルを小銭入れに

ランドセルのリメイクのご紹介

今回はランドセルを当工房で人気の『小銭入れ』にリメイクのご紹介をします。

せっかくですから長くお使いいただけるように、ほぼ全部を「新品の革」で製作いたしました。

中央部分がランドセル素材

中央部の素材が『ランドセル』です。このように、【枠】と言うか【窓】と言いますか、


新しい革で製作して、素材としてランドセルを使ってあげる場合は


小銭入れに限らず、お財布やBAGなどなど、


どんなアイテムにもリメイク出来ますので


是非、ご検討下さいませ!!





同じような加工で作ったお財布(コードバン)
同じような加工で作ったBAG(赤い部分ヘビ革)

2016年7月12日火曜日

親ギフトのご提案

親ギフト(ご両親様へ贈る革小物)のご提案



挙式の中で、ご両親へ手紙や花束を贈るシーンは、


花嫁花婿さん、お父さんお母さんだけではなく、


参列されたすべての方を、感動させる心温まる場面ですよね。


『親ギフト』という言葉自体はなじみが少ないような気も致しますが


「花束」「手紙」も贈り物と言う点では『GIFT』になりますし、


「誕生時の重さのぬいぐるみ」「似顔絵」「お名前をモチーフにしたポエム」などなど、


様々な演出とアイテムが登場していますね。


『革のアイテム』の場合、演出と言う意味では派手さに欠けるのかもしれませんが、


その後長く愛用が出来る!


と、言う革の良さを考えると感謝の気持ちを表すアイテムには最適かもしれませんね。


色々ご相談出来ますので、お気軽にお申し付け下さい。




参考にペアで製作したアイテムの画像をUP致しました。
小銭入れと薄型小銭入れ
お揃いの箱型カードケース
バイク乗りのご両親へペアのロングウォレット
お父さんの趣味に関するのも、お母さんが使いやすいなんでも入っちゃう財布、などなど
ご要望に応じて製作致します。(もちろんネーム入れも出来ますヨ)

2016年7月10日日曜日

夏のポインセチア

こんにちは。

夏のポインセチアはどんな感じか皆さんはご存知ですか? 


革工房Kに来てから3回目の夏を迎える、


お客様に頂いた大切なポインセチアの様子をご紹介します!


今年の春の死にかけた様子と理由は以前の記事をご覧ください。
                         (新種の植物か!?ご存知ですか?)


最新の画像です!
ポインセチア!っぽくないけど!
どうです皆さん!!


元気いっぱいに 葉っぱだらけになっています!


もう一枚パシャ!

緑の葉っぱ
クリスマス前によく見かけるポインセチアとはまるで違いますが


このアオアオとした感じも、とてもいいですね!


なにせ、一度は「もうだめか、このポインセチアは」と心配していただけに


いつもより緑がまぶしいっす!!


葉っぱが赤くなるには?育て方?チョットまとめてみました。

2016年7月8日金曜日

Facebookデビューしました!

Facebookデビューしました!

今更?なんて笑ってはいけませんよ。

この2016春以降
  • 今更ブログ開設
  • ホームページがやっとこスマホ対応
  • フェイスブックデビュー
と、数年遅れで時代を追いかけております。立ちこぎで追いかけてます。



さて、そのフェイスブックのページですが

革工房KのHPに『いいねボタン』を晴れて設置しました
 (昨日まではうまく設定出来ていませんでした。スミマセン。。)
 
この閲覧者の少なめのブログともども
どうぞよろしくお願い申し上げます。



 

私と同じように今さらはじめる方も決して少ないと思いますので
登録や初期の設定に困ったことをいくつか書いておきます。 

2016年7月7日木曜日

ランドセルをキーホルダーに

ランドセルを小銭入れに。

ミニランドセルではない選択肢。革の小物にリメイク(リフォーム)を検討の方は是非どうぞ。


今回は、ランドセルからキーホールダーを作る!をご紹介します。


ランドセルのリメイクの詳細については
「ランドセルのリメイク(考え方)」をご参照ください


さて、BAGとしてはわりと大きさがある方の『ランドセル』ですが、


いざ、作業をしようと思うと、なかなか「綺麗な面」はなかったりします。
        (「綺麗な面」・・・縫い目や、つなぎ目や、クセなどが無くて加工しやすい場所)


また、一個のランドセルから、より多くの品物を作る為にも、取り都合は悩みの一つです。




そこで、革工房Kがご提案するキーホルダーはこんな感じになります。

ヘリ部分は革ひもでWステッチ仕上げ
とてもいい感じの使いやすいキーホルダーに仕上がります。


「もとはランドセルだった」と言う事を感じさせない様な完成を目指して作りますが、


それでも、どこかにランドセル感を残すのが醍醐味のような面白さがあります。

裏面はランドセルままの「白」になっていますね

このキーホルダーはどの部分から作ったかわかりますか?\(-o-)/


「ランドセルの背負う部分。肩のベルト」なんです。


ランドセルによって色々だとは思いますが、白であったり茶色であったりをそのまま使います。
                      (多少のクリーニングをして綺麗にしてから使います)

ちなみにリングを止める部分もランドセルの部品ですよ!!(もちろん補強して使います)




6年間のありがとう。これからもよろしく!

そんな品物になるようにリメイクさせていただきます!

ご検討の方はお気軽にご相談下さいませ。

2016年7月6日水曜日

ミニベロローラー台(ミノウラLR240 LiveRide) の成果!?

ミニベロの固定ローラー台について以前にも書きましたが、


皆さんが一番気になるであろう、


「本当に必要か?」「役に立つのか?」について補足をしようと思います。
    以前の記事(ミニベロ固定ローラー台の感想)はこちら


【MINOURA】(ミノウラ)LR240 LiveRide のその後はいかに?

購入後はどうなるかと言うと。。。。
  1. 気を抜くとオブジェ化してしまう
  2. 安くはなかったんだ!と思いだして使う
  3. レース前の追い込み、梅雨空には最適

基本的には1と2を繰り返します。


そもそも、『俺はローディー!』と宣言出来ちゃう方は、


ミニベロのローラー台なんて


使わないでしょうから、私と同じよう


『「ローディー」程ではないが、まあそこそこやれる口(脚)』


って方向けに書いてはいますが、購入前の心配の通り油断するとオブジェです。。。。


が、しかし!


これも私の思い込みかもしれませんが、


「そこそこの脚」的性格だからこそ、あえてミニベロのローラー台を購入したわけでしょうから


自然と(?)その存在を思い出し、そしてあの苦行を自然と行う羽目に陥りますので
 
                          (苦行とは・・・・・以前の記事ご参照ください)

購入を迷っている方には、オススメなんだと思います。



3レース前の追い込み、梅雨空には最適


についてですが、ひと月ほど前にとある自転車耐久レースに参加いたしました。


毎年チームで参加しているママチャリだけの8耐です。


チームと言っても同級生や知り合いで構成される即席チームですが、


その結果は、



お店に鎮座しております

見事入賞でした!


で、チーム内の順位も私が一番早かった(貢献した)!!


これはまぎれもなく、固定ローラーのせいかであったと信じております。
 



このチーム内順位1位の獲得をもとに私は1年間でかい顔が出来ます!(メンバー8人に対して)
まぁ、せいぜい来年に向けて頑張りたまえ。期待してるよ。(-。-)y-゜゜゜(メンバー8人に対して)
と、雲ののはるか上から言う事が出来ます。ありがとうローラー台!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆ブログで紹介したアイテム達をまとめてみました。

このブログに登場したモノ、レザークラフトに関わるアイテムや
私が購入した自転車商品を紹介したページです
Amazonインスタントストア機能で製作したました!

そのままお買い物も出来ちゃうチョット便利機能なので
ご興味のある方はのぞいてみてください。結構楽しいですよ(*^_^*)。

2016年7月5日火曜日

ランドセルを小銭入れに

ランドセルのリメイクについてご紹介します

ランドセルを小銭入れに出来ます



ランドセルのリメイクの詳細については
「ランドセルのリメイク(考え方)」をご参照ください

薄型小銭入れ
ランドセルのリメイク今回は「薄型小銭入れ」です


サイズは当工房でつくる通常の薄型小銭入れと同じ大きさです。
            (↑ビックリするほどコインが入る!がウリの人気アイテムですよ)


ランドセルに限った事でもありませんが、


その素材だけで(新たに革は使わないで)作る場合は


仕上げ方法、特にコバ(断面フチ)の処理などに、悩みが生じます。。


このランドセルで作る薄型小銭入れの場合は、フチの処理は


すべて「革ひもかがり」としました。


ランドセルのお色や、完成のご要望によって、革ひもの色を換えてみる。ってのも


出来上がりのイメージが変わって面白いですね。


 
☆参考までに☆
ランドセルの別の場所を採用した小銭入れ(左)も
紹介いたしますので、是非ご参考になさって下さい。
(作業工程の都合により左の場合は金額が異なる事がございます)
(ランドセルからの取り都合によってはご要望に沿えない場合もございます。)


2016年7月3日日曜日

オススメリンク!

オススメリンクが増えましたのでお知らせします。

是非のぞいてみて下さいね☆



『ヒタキの一声』 銀細工 鶲屋ブログ

シルバーアクセサリー制作・販売 
オーダーメイドから修理・加工までお気軽にご相談下さい。

古河市にある銀細工のお店のブログです。
いつもお世話になってます!
アクセサリーが好きな方、銀細工に興味のある方は必見です!!

 

自転車、車イスのメンテ工房 彩くる

ちゃりんこ日記。「彩くる」のアメーバブログ

加須市にある自転車屋さんのブログです。
「ANCHOR」や「ブリジストンモールトン」などなど。
整備やカスタマイズなど、ローディーに限らず、自転車好きなら必見です!!

2016年7月2日土曜日

ランドセルのリメイク(考え方)

ランドセルのリメイクについて


6年間ありがとう

革工房Kではランドセルのリメイクのご相談を承っております。
    (革工房Kホームページランドセルリメイクのページはこちらから)


ランドセルに限らず、愛着のあるモノ、思い出のあるモノ、


どうしても捨てるわけにはいかない品物は『素材として』様々なアイテムに


生まれ変わりますので、お気軽にご相談下さい。




ランドセルリメイクにあたっての当工房の考え。

修理、リメイクの際に、よく聞かれる質問があります。

「このランドセル(BAG)は革ですか?」

わかる範囲でお答えを致しますが、「本革」ではない場合が少なくはありません。

『本革』と『合皮(合成皮革)』似てはいるけど全く違うモノですよね。

当工房で作る革製品はもちろん全て本革ですし、

合皮に関しては、どこで売ってるかもよく知らないわけですが、

修理やリメイクの加工をするにあたっては、「どっちでもいい」というのが本音です。

要は

「そのランドセルへの愛着や思い出はどの素材でも同じ。」

と考えておりますので、

どのようなランドセルでも、心をこめて作業をさせていただいております。

リメイク後の耐久性や強度はその素材によって大きな差が出てくるとは思いますので、

その点の可能性も考慮しながら、ご提案とご案内をさせていただいております。

残念ながら当工房ではミニランドセルは作れませんので、

ご希望の方には、お付き合いのあるミニランドセル専門の業者様をご紹介いたします。



「感謝の気持ちをかたちに」

ランドセルへの感謝。

6年間分のご両親への感謝。

おじいちゃん、おばあちゃんへの感謝。

それぞれのランドセルに込められた、色々な「感謝」を「かたち」にする。

そんなお手伝いができれば幸いでございます。

2016年7月1日金曜日

突然ですがクイズです!『1問目』

なんだかムシ暑いっすね。


ホームページリニューアルから1週間ほど経ちましたが、もうご覧いただきましたか?


今一つアクセス数が伸びていない様な気がして心配が絶えません(-。-)y-゜゜゜


ってそもそも、このブログをご覧いただく人数はそんなに多くはないんだった。。。


「自分、ガラケーなんで」なんて言っている私には、


『拡散する』手段なんてありませんね(●^o^●)


さて、突然ですがクイズです!


この人は誰でしょう?

私的には「神様(左)」と「スーパースター(右)」です!
ヒントにアップで
よく見かけるサッカーのフィギュアですね。
 
 
左の人はユニフォーム来ていますが 右の人はスーツ着てるぞぉ??
 
 
皆さん、誰だかわかるかな?
 
 
正解したら何かいい事があるかも!?しれませんよ。
 
 
わかった方は、是非ご来店の上で
 
 
『ホニャララ!』と『ほにゃらら!』
 
 
って大きな声で正解をお伝え下さいね!
 
 
今日はとにかく暑かったので、ヘンテコな記事を書いてみました!


★超オススメ!ネジザウルス!

公式WEBサイトはこちら

公式WEBサイトはこちら
『革工房K』のホームページ

革工房K オーダーメイド製作集

革工房K オーダーメイド製作集
これまでに制作した様々なアイテムを日々紹介しております。レザークラフトファンは必見の公式ブログです!