2016年12月29日木曜日

年末年始のご案内

年末年始の営業日についてご案内致します


12/30(金)
11:00~16:00営業

12/31(土)~1/5(木)
年末年始休業 

1/6(金)から通常営業


皆様良いお年を☆




さてさて、

これまで革工房Kでは

セールや期間割引など

実施して来ませんでしたが、

2017はひと味違う!
(かもしれない) 


2016年12月25日日曜日

サンタさんにビックリ!

朝起きたらビックリ!

サンタさんからの贈り物が!

どうしよう!
こちらは何の準備もしてなったぞ~!







そんな方に朗報です


革工房Kでは

チョットしたモノから

手の込んだモノまで

色々なアイテムを取り揃えて

皆さんのご来店を

お待ちしております☆




しかも!

「ネーム入れ」無料!

10分程度で完成出来ます。


(急な)

贈り物やお返し物に

是非ご検討下さいませ。


例えば、
手縫いの長財布

トカゲの煙草入れ

花のコサージュ

牛の革のぶたさん

キーホルダーもいっぱい
そしてなんといっても
一番のオススメはこちら


2016年12月14日水曜日

クリスマス包装について

可愛らしいサンタのシールをペタリ☆


これが当工房の

クリスマス包装です(*^_^*)


他にも色んなサンタさんがおりますヨ

包装とかの

作業とセンス、

あまり得意ではないようです・・・。



作るモノによって

大きさ様々なので

その全てに

バッチリ包装を準備してしまうと

なかなかのコストとなります。



お店の負担を少なくする

と言う訳ではなく、

このコストは

ズバリ商品代金

反映されてしまうので

包装コストは

限りなく抑えて

運営しております。




品物本来の価格

余分なコストはあまりかけずに

ご提供したいと考えております。



あ、もちろん、

裸で渡すなんて事はアリマセン!


全ての商品に

キズ防止不織布に入れて

素朴な包装紙に入れての

お渡しとなっておりますので

ご安心を☆


ご希望に応じて

リボンなどの別途包装(¥300程度)や

オリジナルエコバッグ(¥1300)も

ご用意しておりますので

ご相談下さいませ。
その後も使える丁度いいサイズ


ホームページ『革工房K』で検索!
http://www.kawa.shop-site.jp/

「オーダーメイド作品集」
https://leathercraftkawakoubouk.blogspot.jp/

2016年12月13日火曜日

ステッカー作っちゃいました(*^_^*)

前から欲しかった

革工房Kのロゴステッカーが


ついに完成致しました☆

ひと月ほど前から

レジ横で販売しております 

大きさはこんな感じです




















画像左
シールタイプ
¥300

画像右
カッティングタイプ
¥500

3枚セット
¥1000
(シール2、カット1)

☆もともとの製作枚数も違いますが
 カッティングタイプは
 残りが少なくなってきました。

さてさて

どこに

貼りましょうか(^-^)


革工房Kの
オリジナルグッズ
こちらもオススメです

コサージュは別売り





















エコバッグ(厚手)
¥1300

かなりレアアイテムですよ(*^_^*)


2016年12月8日木曜日

4年目の冬 ポインセチアその後

4年目の冬 ポインセチア

無事に4回目の「冬」をむかえた

ポインセチアの観察日記のその後

世界中で多くの方が心配している
 (であろう)

革工房Kの

ポインセチアの近況報告を致します。



冬を迎え、

無事に室内に

避難したはずの

ポインセチアの心配な症状は

以前にお伝えした通りですが、
関連記事4年目の冬 ポインセチア



その記事以降に施した

涙ぐましい看病の結果(近況)を

お伝えします。

前回の時の写真

 この前の時は

葉っぱが黄色っぽい。

葉っぱが落ちる。

と言った状態でしたが。。。。










本日撮影した

今の状態はこちらです。







ジャーン!!

12/8撮影
どうですか皆さん(^-^)

ところどころ

まだ、元気の無い部分もありますが、

全体的には

だいぶ良くなりましたね☆

葉っぱも

最近はポトポトと落ちず

少しづつ

みどりが濃くなってきたように思います。


涙ぐましく

かつ

献身的な看病

の甲斐あって

元気になりましたヽ(^o^)丿


主に行った処置についてですが


2016年12月7日水曜日

キャリーバッグの修理(革じゃないけど)その④

キャリーバッグの修理(革じゃないけど)その④



職人の気配り。
丁寧な仕事。
だからこその評判。 

そこまで自分を褒めてあげる事はありませんが、
可能な限り、もとの状態に近づけて仕上げたい。
と言う気持ちは、強く持っています(*^_^*)
しっかり、修理代金を頂戴するのですから
当然の事です。

さて、前回の続きです。

最後の仕上げとして、



『引き手部分の交換』を
ご紹介します。



 「ヒキテ」がBAGのロック機能を担っていますが

交換した「YKK」のモノでは届きませんので

外していきます。
YKKと書いてある引き手を交換
 苦戦して手にしたスライダーですが

この「引き手」は使いませんので

ペンチで切り離します。
(引き手はいらない)
(スライダー本体はそのまま使う)




一方で、このバナナみたいなヒキテは



 こちらは外した、壊れていたスライダーです。

この「引き手」は使うので、

スライダー本体から取っ外します。
(本体はいらない)
(引き手は再利用する)




ややこしいですが、

新しくしたスライダーに
もともとの引き手を

合体させます。




ポップなメロディーに乗せて
ふんっとやったところで

スライダーヒキテ☆ヒキテスライダーとは

なりませんので(^-^)、




知恵を絞って(?) 
こんな形に
仕上げてみました。


2016年12月6日火曜日

キャリーバッグの修理(革じゃないけど(*^_^*))その③

キャリーバッグの修理 その③

前回の続き

やっとこ
手に入れた
スライダー!!

さあ、戻していく作業です☆


スライダーをレールに戻します!

少々コツのいる作業です。

両手を必ず使う

作業なので画像はありませんが

要は、

一般的な洋服のファスナーと同じだけど、

末端が処理されていない分、

チョット入れにくい感じ。みたいな感覚ですので、

「よいしょ」っと、戻します。



ファスナーの先端は

見える場所でもないし、

普段使いで手の届く場所でもないですが

一応、念のため

「つまみが抜けない様に」縫い止めをします。
(もともとはされていませんでしたけど) 




開いた箇所を

順番に戻していきます。

もともと穴はあいているので

ゴム素材も、難なく針は通りましたが

バッグが大きい事もあって

縫いにくくって、参りました(*^_^*)

ひと針縫ってはバッグを持ちかえ

また、ひと針縫っては持ちかえて。。。
カシメも打ち直します

もとに近いように

「黒」のカシメを使用しています


コレで完成


と思いきや、

もうひとつ重要な事があります。

それは


2016年12月4日日曜日

キャリーバッグの修理(革じゃないけど(*^_^*))その②

キャリーバッグの修理その②

 「スライダー」を探すのは、なかなか大変ですぅ。。



前回のつづき


無事にスライダーを
外すことが出来ましたので

コレと同じ大きさのモノを探します。



交換ではなく調整だけだったら
どんなに楽ちんだった事か・・・。
(関連記事 自分でできるファスナー調整)


こちらで保有している

スライダーと比べて

その大きさの検討をつけていきます。

取りはずしたスライダー

似たような大きさもあったので

試しに付けてみましたが

きついのなんの・・・(*_*)


ここから

スライダー探しが始まりました。


そもそも

一番の悩ましい点は

「世界のYKK」ではない!

と言う事にありました。


外したスライダーを持って、

金具問屋、手芸店、YKKの直営店など

ネットやお店を徘徊して見ましたが

なかなかこのサイズは

置いてありません。。。


っていうか、

手芸用に出回る大きさではない

と言う事が判明いたしました(-。-)y-゜゜゜







世界一番のYKKを参考に考える所

ファスナーの種類(=スライダーの大きさ)は、

おしりの幅を基準に

3.5.8.10.13.~となっていきますが


主に小物やズボンなどで

使用されているのは3.5.のサイズです。


手芸店で種類が乏しいのは

スライダー大きさの他に、

レールのタイプ(金属やコイル)、

スライダーのロック機能の有無、

レール部分の色

布地部分の色

で、ファスナー全体の長さ 

という組み合わせになるので

☆星の数ほどの組み合わせ☆

になってしまうので、仕方がない。。。。


さらに、

悩ましくさせた理由に


2016年12月3日土曜日

キャリーバッグの修理(革じゃないけど(*^_^*))その①

キャリーバッグの修理その①

革ではない素材でも、出来そうなものであれば承ります!


修理のご依頼をいただいたのは

こちらのキャリーバッグです

見た目は綺麗ですが

ファスナーが壊れています・・・。

つまみ(スライダー)の部分がかけてしまっています。







本革ではない素材のモノも
(合成皮革、布など)

何とかなりそうな工程のモノであれば

基本的には承っております。

詳しくはこちらをご覧ください
「修理についてのご案内」


さてさて、

今回はプラスチック製の

キャリーバッグの修理ですが

要は

ファスナーのスライダー交換と言う事で

作業を進めて参ります!

(後にこのスライダーに悩まされるのですが・・・。)


いつものように

分解していきましょう!


先ずは交換するスライダーを外す為

レールの先端まで辿り着かなくてはなりません。


何処を分解すればよいか

BAG全体をなめまわすように

観察していきます
内側から見た画像

カシメのフタを外した状態

外からひっこ抜きます

三か所のカシメ(鋲)で

バッグの表裏がつながっています。

毎回登場の

「ネジザウルス」を使って

カシメを外していきます。


2016年12月1日木曜日

手づくりのプレゼントはいかがですか?

彼や旦那がきっと喜ぶ栃木レザーの贈り物☆

早いモノで気が付くと

12月ですね~。

クリスマスですね~。


毎年クリスマスのご注文をいただきますが、

制作に時間がかかるので

直前ですと製作が難しい場合がございます。。



でも大丈夫!

革工房KのHPにある

『お得な完成品』

すぐにでもお渡し(出荷)出来ますよ!

しかもお得な設定(*^_^*)

是非ご覧くださいませ!!



チョットだけ

店長のオススメをご紹介しておきますね☆


2016年11月24日木曜日

最強の植木(自分調べ)

最強の植木(自分調べ)。

シンボルツリーの最有力候補



とにかく強い!花も咲く!

革工房Kに植えてある

「樹」をご紹介します。



色々と手間のかかる(笑)

ポインセチアとは対照的に
(関連記事)

暑さにも強く

寒さにも強く

とっても頼もしい植物です。

花が咲いてます11/19撮影
柊(ひいらぎ)
モクセイ科

名前の由来は
葉の縁のトゲ状のぎざぎざに触れると痛いので、
古語で「ずきずき痛む、うずく」と言う意味の
「ひいらぐ」→木なので「ひいらぐ木」、
それが転じて「ヒイラギ」となったようです。
漢字では「柊」と書くのが一般的ですが、
痛む・うずくと言う意味の「疼」の字を当てた
「疼木」でも「ヒイラギ」と読みます。
だそうです。(ウィキペディアより)



店舗の移転と共に

育てておりますが

四年目を迎えて思う

「強さ」

以下の通りです!


2016年11月23日水曜日

本日はイベントの日

こがコガの日ですね(^O^)


どこかに出店をする訳ではないので

通常通り

10:00~18:30 毎週月曜+第三日曜 定休

店舗にて皆さまのご来店を

首を長くして

お待ち申し上げます。


フェイスブックなどでも告知をしました通り

当工房でも

『マチメグリMAP』

配布しておりますので

お気軽にお立ち寄りくださいませ☆



尚、

小粋な革小物の詳細は

やっぱり内緒にする事に致しました(*^_^*)
(関連記事はこちらからどうぞ)


『もれなくプレゼント』と

うたった以上、

何百人でも

何千人でも

何万人でも

やってやる!覚悟で
準備していますので

どうぞ

お楽しみに!


非売品のアイテムではありますが

あまり期待し過ぎないように

お願い致しま~す(^O^)


ホームページ『革工房K』で検索!
http://www.kawa.shop-site.jp/

「オーダーメイド作品集」も必見です!
https://leathercraftkawakoubouk.blogspot.jp/

2016年11月22日火曜日

4年目の冬 ポインセチア

無事に4回目の「冬」をむかえた

ポインセチアの観察日記


心配されていた方も多い(?)

革工房Kの

ポインセチアの近況報告を致します。




忘れてはいけない、

瀕死状態だった頃の

一枚をあらためて見ておきましょう(*^_^*)

関連記事
「新種の植物か?!」

瀕死だった去年の冬。。

関連記事
「夏のポインセチア」


元気いっぱいの夏!






さてさて、

今年は夏場に

根っこを地球に触らせない

育ちましたので
(以前の記事参照下さい)

難なく

室内に避難できました!

あとは、赤い葉っぱが出てくるのを

待つだけ(*^_^*) 



の、はずでした。。。。


一見元気そうに見えていたのですが

日に日に

葉っぱが黄色くなって

ポトリ。。

またポトリ。。

と、なってしまいました。

気になる黄色っぽい葉っぱ
去年の悪夢がよみがえります。。。

日に日に弱って行くその姿に

もはや「覚悟」を決めた程でしたから。。


とは言え、

指をくわえて見ている訳にもいきませんので、

自分なりに

理由と対策を考えてみました。


2016年11月16日水曜日

こがコガの日は11/23

イベントのお知らせ

古河市のイベントです

古河デコトシモマチメグリ
【革工房Kも賛同します】
 
11月23日(祝)は
 こがコガの日!
 


『マチメグリMAP』をもって
古河のまちをぶらぶら散策(*^_^*)

【開催概要 主催者様から抜粋】
毎年11月23日は『こがコガ』の日。
古河市内中のお店が特別なコトをする日です。
その他、
その日だけの蚤の市やクラフト市、
アートの展示などなど
何があるのか楽しみなのもこがコガの魅力。
是非、お友達やご家族をお誘い合わせのうえ、
古河に遊びに来てください。

「WEB公式サイト」
http://kogakoga.info/


革工房Kの店舗にて
「小粋な革小物」を
もれなくプレゼント(注1)

プレゼントを受け取るには?
誰でももらえるの?



2016年11月8日火曜日

北関東でオススメのサイクリングコース☆


やっぱりオススメのスポットですね☆

渡良瀬遊水池周辺の散策



地元にいると

なかなかその良さ

忘れがち(注1)

になってしまいますが、

冷静に考えてみると

これほど
走りやすい道はナイ!

と、感じますね。

北側の土手から撮影
(注1 平らすぎる!と批判した記事(^^)v


こんな道もあったり







こんな撮影もしたり


なんだかんだで

結構

お気に入り

みたいです☆



夏の終わりに
サイクリングした時の記事はこちら

遊水池サイクリング


2016年11月5日土曜日

糸が切れたお財布の修理(その③)

前回の続きです。

糸が切れたお財布の修理(その③)


さあ、糸を縫いもどして行きましょう!


縫う部品の順番に注意しながら

ドンドン縫い進めます。

(分解した順を参考にします)







今回は修理のご依頼でしたので

もとに近い色で

手縫いの場合は『白』が多いですが

ご自分のお財布の修理の場合、

アレンジとして

違う糸のなどで縫うのも

一つの面白さかもしれませんね☆


忘れてはいけない

「あの作業」

も確実に施して、

いよいよ完成です!


糸が切れたお財布の修理(その②)

前回の続き

自分でもできる!?お財布の修理のご案内




糸を切り終えたら

分解しましょう。

(アドバイス)
状態によっては「ノリ」
強く残っている場合があります。
ムリに引っ張ると
革が切れてしまうかもしれません。

ノリの部分を湿らせると
粘着力を弱くする事が
出来て有効です。



革を濡らす事のリスク
  • 部分的に強く濡れた場合のシミ
  • 湿っている時の革の伸びやすさ
  • 湿っている時のキズのつきやすさ
などを考慮しながら

慎重に作業をしましょう




縫いなおす箇所を

分解した状態がこちらです


フタ側のボタンは

先に外しておりましたが
(糸が切れたお財布の修理(その①)参照)

本体側(メス側)のボタンも交換しておきましょう


★超オススメ!ネジザウルス!

公式WEBサイトはこちら

公式WEBサイトはこちら
『革工房K』のホームページ

革工房K オーダーメイド製作集

革工房K オーダーメイド製作集
これまでに制作した様々なアイテムを日々紹介しております。レザークラフトファンは必見の公式ブログです!