え!?そんなに安いの!!

2017年10月21日土曜日

タンクパネルの修理③

タンクパネルの修理③



早速ですが
先ずは
ご覧ください☆


サイドの黒
『ダブルステッチ』

赤い革ひも
『メッシュ編み』

中央の飾り
『叶え結び』


にて仕上げました。

それぞれの方法については
機会があれば
ご案内したいと思います。
(それぞれ検索をかけるとHITします)







綺麗に仕上げる為に

前回の「水洗い」もそうでしたが

お客様との打ち合わせの

段階ではわからなかった部分の

修正も基本的に行います。
(金額が発生する場合は相談)

こちらの画像も

綺麗に仕上げる為の

予期しなかった

行程となりました☆


芯材に使われている

縫い目の出っ張りを

除去しています。


もとのタンクパネルの

製作時に

硬い素材を
ミシンで縫った

事による出っ張りです。

不要な凹凸どころか

タンクを

傷つける恐れのある

凹凸でしたので

一目ずつ
切り落としました☆ 






完成や
表面からは

わからない部分も
可能な限り
綺麗に仕上げる!


自分にとっては

当たり前の事ですが

大切なことなんだなぁ~

と、改めて実感できた

今回の

タンクパネル修理の

ご依頼でした。



タンクパネル修理①


タンクパネル修理②


タンクパネル修理③








金額については↓


2017年10月19日木曜日

タンクパネルの修理②

前回のつづき

タンクパネルの修理②



さてさて

いつものように

分解する作業です。



  • サイドのヒモ
  • 縫い目
  • 中央の飾り結び
  • ヒモのかざり
と、いった具合で

順々に解体していきます。


「ひも」や「糸」は

新しいモノに変えますので

ハサミでちょきちょき。

それを

一目ずつ抜いていく。

とても地道な
作業です☆









分解を終えて

現れたモノ

それは

汚れでした!


考えてみたら

HARLEYのタンクパネル

なんですから

綺麗な方が
不思議ですね☆


長年のホコリ。

排気ガス。

雨に濡れたり。

洗車で濡れたり。



もちろん
せっかく分解したので
綺麗にしました!

ピカピカ(*^_^*)

今回は

「水洗い」 

をしました。


綺麗になった所で

ステッチを

新調していきましょう!






タンクパネル修理①


タンクパネル修理②


タンクパネル修理③





【革を濡らしてもイイの】

↓↓↓


公式WEBサイトはこちら

公式WEBサイトはこちら
『革工房K』のホームページ

革工房K オーダーメイド製作集

革工房K オーダーメイド製作集
これまでに制作した様々なアイテムを日々紹介しております。レザークラフトファンは必見の公式ブログです!